俳句

俳句

吊るし柿

私は約十年間 天為 という俳句結社に所属し、毎月五句を俳句誌に送り続けた。投稿した五句の中3句載れば、私の中では良い方であり、ほとんどが2句が多かった。それで一度だけ五句載りがあった。それが 吊るし柿 の句である。この句は師の講評句ともなった。 陶工のこだはる色や吊るし柿 好延 益子焼わら葺屋根の蔦紅葉 紅葉照るわら葺屋根へ登り窯 明治生れなほここに在り里の柿 百舌鳥鳴くや明治生まれの皴の数 DSC_0024 芸術家は完全な美を求めて懸命な努力をする。陶芸家ももちろんその例外ではない。柿の実の色は実に美しい、特に夕日を受けて輝くとき。それがつるし柿となるとまた違った美しさである。柿右衛門が陶器...
俳句

俳句

鍋敷きの下宿住ゐの団扇かな 好延 私が50才になった頃、誘われて有馬朗人師の主宰する 天為 に入会し、それまで全く俳句とは縁のない生活していましたが、何か新しい物に挑戦しても良いかな!という気持ちもありやってみることに。 最初の一年間は、ただただ毎月五句を作り機関誌あて送付、すると一句か二句取り上げ掲載していただける、この一句か二句載りのうちはほとんど素人⁉私が入会した頃は会員数も未だそんなに多くなかったので、最初から二句載りが多かった。誘われた時は投稿会員ということでしたが、数か月過ぎた頃、浜松支部で毎月第四日曜日に句会があるから、五句作って出席して欲しい、旨伝達があり出席、行ってびっくり!...